読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

人工知能やビッグデータと言われるものたちに関する現状把握としては最適! 松尾豊/人工知能は人間を越えるか

人工知能の研究の第一線で活躍する著者が、 現在の人工知能ブームを整理してくれる良書。 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)作者: 松尾豊出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版発売日: 2015/03/11メディア: 単行本こ…

こういう本を待っていた! 実務家には事例に沿って話してもらうのが一番理解しやすい。朝野熙彦/マーケティング・サイエンスのトップランナーたち~統計的予測とその実践事例

実際にビジネスの現場で行われている分析を事例として、紹介している新著。 こういうのって、実務家には何よりも具体的な分析事例に沿って 話してもらうのが一番しっくりくる。というわけで、こういう本を待っていたし、 こんなノリの本がどんどん出てくると…

サービスの企画や立ち上げに関わる人には学びが多い一冊。 中村耕史/「少し先の未来」を予測する クックパッドのデータ分析力

筆者はクックパッドの膨大なデータを閲覧することができるサービス「たべみる」を 大幅にリニューアルし、データサービス事業を立ち上げた人物。データ分析の手法などの話ではなく、 サービスの開発と立ち上げの紆余曲折が語られており、 非常に面白かった。…

具体的かつビジネスに即した形でデータ分析を扱う入門書は貴重! 上田隆穂、田島博和、奥瀬喜之、斉藤嘉一/リテールデータ分析入門

やってる人はみんなやってる。 で、やってない人はまずやりたい。 そんなデータ分析がPOSなどを通じて集まる購買データ(=リテールデータ)分析だろう。本書はリテールデータの分析に特化した入門書。 こういう目的でこういう分析をしてみよう、みたいなの…

データ分析の前にデータベースについて最低限の知識は持っておこうと思って。 ミック、木村明治/おうちで学べるデータベースの基本

大学院も無事卒業したので仕事にフルスロットル。 ただ、卒業しても学び続けることはやめないようにしなければ、 というわけで、実務でも興味があるデータ分析とかの勉強を続けていきたい。で、最初に手に取ったのがこの本。 分析の前に、まずデータベースに…

データマイニングのイメージがつかみたい人にはお勧めできる超入門書。 岡島裕史/数式を使わないデータマイニング入門

データマイニングって何じゃらほいって話をわかりやすく説明してくれる超入門書。 具体的なイメージがわいていない人向けで、 既に少しでもかじったことあるなら、本書は不要かもしれない。でも、どういうことやるのか具体的なイメージがわいてない、って人…

基本的かつ実用的な本、ちゃんと言うとおりにやってみればなんかいいことあるかも。高橋威知郎/データ分析の教科書

データ分析のいろはをまとめた1冊。 どういう考え方で、どんな手順で進めていけばよいかが主眼。まぁ、基本的かつ実用的ではあるのかもしれない。ただ、データ分析のスキルって、こういう基本的な手順というよりも、 データを見た時に要因や変数の仮説を立て…

伝統的な価値観を乗り越えて実現した野球界のイノベーション事例 マイケル・ルイス/マネー・ボール

ブラッド・ピット主演で映画にもなりましたね、それの原作。 野球の世界に統計の概念を用いたセイバーメトリクス。 伝統的、主観的なスカウト手法を改め、 低コストで他の球団が目をつけていない選手を獲得、育成して 勝利を重ねるさまは見ていて面白い。マ…

データサイエンティストはたまたまデータを扱えて、マーケティング的な発想ができる人 森川富昭/情報の錬金術

どちらかと言うと大学生向けくらいのレベルでの入門書。 Tableauから金貰ってるんじゃないかってくらいの作りなのだけど、 まぁ、実際Tableauは良いBIツールなので、そこは目をつぶろう。データ分析を企業の業績向上に活かす、これをすごく一般的かつ身近な…

時間は自由に使えない、ウェアラブルセンサが明らかにする我々の思い込みと可能性のでかさにしびれた! 矢野和男/データの見えざる手

今まで時間は自由に使ってきたつもりだったし、 24時間の配分は自分の意志次第でどうにでもなると思ってきたけれど、それは錯覚!?ウェアラブルセンサでモニタリングし続けることから得られた ビッグデータから見えてくる、普遍の法則。軽薄なビッグデータ…

シグナルを探せば探すほどノイズにまみれる、その覚悟を持ってデータと向かい合いたい。 ネイト・シルバー/シグナル&ノイズ

アメリカの大統領選挙の予想をピタリと当てたことで話題になったお方。 2008年には、ファイブサーティーエイト(Fibe Thirty Eight)というウェブサイトを開設し、次の選挙を予測した。ここで大統領選の当選者について50州のうち49州の結果を当て、また、上…

数字の裏にある心理を読み解くことがいかに重要か! 勝見明/鈴木敏文の「統計心理学」

現在はセブン&アイの会長。 セブンイレブンの生みの親であり、名経営者としても知られる人。 でもこの人が実は出版業界と関わりがあったことを知る人は少ないのでは? 元々出版取次のトーハンに勤務し、出版科学研究所の仕事にも従事していたという 異色の…

マーケット・メイブン(市場の達人)は企業側ももっと意識したほうが良いセグメントなのではないだろうか? 宮田加久子・池田健一/ネットが変える消費者行動 クチコミの影響力の実証分析

クチコミの影響力が強いことはよく語られている。 本書はそういったクチコミの影響力、 消費者間のコミュニケーションに関して、 実証分析を行った論文をまとめたもの。特にスノーボール・サンプリングという調査手法をとっていることが特徴。 ネットが変え…

10年前から実践していたと思うと頭が下がる。今はずいぶんやりやすくなったんだな。 マイケルJ.A.ベリー ゴードン・リノフ /マスタリング・データマイニング

今から10年以上も前の本なのだが、 データマイニングのビジネスへの活用事例を紹介している本。基本的なマイニング手法というのは変わっていないことがわかる。というかこういうのを読んで学べば学ぶほど、 知識の有る無しって大きな差だなと思う。ビッグデ…

多変量解析の各分析手法がどんなもんなのかがわかる入門書。中級者にもいいかも? 朝野煕彦/入門多変量解析の実際 第2版

なるべく数式を使わずに解説してくれる入門書。 とはいえ、「誰も教えてくれなかった因子分析」よりは、 複雑になってる気がする。 冒頭ウォーミングアップとして行列とベクトルの話が出てくるのは構成上どうなんだろう。 ちょっと面食らったけれど、そこは…

SPSSもしくはSASを使って因子分析に取り組みたい入門者には最適の1冊! 松尾太加志・中村知靖/誰も教えてくれなかった因子分析

副題は「数式が絶対に出てこない因子分析入門」で看板に偽り無し。 因子分析とは結局何をどうしているのか? 分析手法の違い、SPSSやSASのオプションの意味、 分析結果の読み方や意味するところ。 どういった手順で試行錯誤していけばよいか。 そういった実…

マーケティング・データ解析って要するに実務上どんなことやるの? 木島正明・中川慶一朗・生田目崇/マーケティング・データ解析-Excel/Accessによる-

マーケティング・サイエンスとか、マーケティング・データ解析って、 具体的には何をすることで、どんなことが出来るのか? なんちゃら分析ってどういう時に使うの?という理論と実務の架け橋になる本。 それをあくまでもExcelとAccessを前提にして、紹介し…

丁寧に解説された統計の教科書 柴山宮恵子/やさしい統計学

統計ブームが来ているので、 基本的な考え方くらいは抑えておきたい、と言う人へおすすめ。とはいえ、統計学の初歩を覚えても、 共分散構造分析だとか、MDSだとかコレスポンデンス分析だとか、 そういったものがわかる訳じゃない。最近思うのは、データサイ…

共分散構造分析の概要がざっくりわかる入門書 豊田秀樹 前田忠彦 柳井晴夫/原因をさぐる統計学 共分散構造分析入門

仮説検証型の論文ではかなりお世話になるであろう 共分散構造分析に関しての入門書。実際の計算はIBMのSPSS Statistics & Amos、SASのCALISなどの専用ソフトを使えば そう難しいことではなく、大切なのは概念や考え方を捉えておくことなのかな、と思う。本書…

10年前の本だけど、世の中はやっと追いついてきた感じ 原田保/カスタマーマイニング

ビジネススクールの教授が参考書や教科書に 指定する本には良書が多いのではないか。 しかも、それらは書店のビジネス書コーナーで平積みされている本ではない。 つまり、普通に書店にっても出会えない。 そんな気がした。だから興味の向くままに片っ端から…

データ分析をアクションに繋げる具体的なイメージがつかめる良書! ディミトリ・マークス/データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

副題に「ビッグデータからビジネスチャンスをつかむ」って書いてあるので、 はいはいまた流行のビッグデータ万歳本ねってちょっと思ったのだけど、 この本の原題は「Sexy Little Numbers - How to grow your business using the data you already have」なん…

システム会社に踊らされて失敗に終わるのは避けたい。ハーバード・ビジネス・レビュー/ビッグデータ競争元年

ハーバード・ビジネス・レビューもビッグデータの大特集。 もう、盛り上がりまくりですよ、ビッグデータ。 猫も杓子もビッグデータ。 Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年 02月号 [雑誌]出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日…