読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

マーケターの仕事は購買段階で終わりじゃない! フィリップ・コトラー ケビン・レーン・ケラー/コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント第12版 第6章:消費者市場の分析

消費者行動は文化的要因、社会的要因、個人的要因、 による影響を受けている。マーケターは理論と現実の両方を知らなくてはいけない。 6章はその現実に当たる消費者市場の分析がテーマ。コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版作者: フィリッ…

CRMの重要性は当たり前のように語られているけれど、色々リスクもある事を忘れちゃいけない。 フィリップ・コトラー ケビン・レーン・ケラー/コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント第12版 第5章:顧客価値、顧客満足、顧客ロイヤルティの創造

5章は、顧客価値やCRMの話。顧客の生涯価値を意識すると、ものすごくでかい。 ロイヤル化するための努力は惜しむべきじゃないっていう話。じゃあ顧客満足ってなんなんでしょう?とか そういう顧客回りの話を一通り。コトラー&ケラーのマーケティング・マネジ…

財務報告のための会計と経営判断のための会計は違う フィリップ・コトラー ケビン・レーン・ケラー/コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント第12版 第4章:マーケティング・リサーチの実行と需要予測

現代においてマーケティングという言葉が広がりすぎて 何でも屋のイメージがあるけれど、 リサーチやデータの分析、解釈ができることは マーケターの基本のき、なのだよな、と思った。そういう意味ではマーケティングやってますという人は多いけれど、 真に…

大きな視点で言えば、法律による規制や消費者団体の抗議まで含めマネジメントしないといかんのかな。フィリップ・コトラー ケビン・レーン・ケラー/コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント第12版 第3章:情報収集と環境調査

第3章は情報収集がテーマ。システムに関することにも触れられていたけど、 それは専門書を読んだ方が良い。 自分が多少知見がある分野の話だと、 この本がどれだけさらっと流しているかがわかる。『組織の経済学』のような実りある基礎知識を期待したけど、 …

マーケティング計画書をとにかく書いてみるのが一番身になる気がした。 フィリップ・コトラー ケビン・レーン・ケラー/コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント第12版 第2章:マーケティング戦略とマーケティング計画の立案

ボリュームありすぎで、思ったよりも時間がかかる。 かなり総花的な内容なので、こんだけ文字量あるのに、 各項目に関してはさらっと流れていく印象。知れば知るほど、考慮しなければいけない問題の多さに気づかされるし、 もっと個々の項目の深堀の必要性も…

マーケティングは技術であり、科学なのだ! フィリップ・コトラー ケビン・レーン・ケラー/コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント第12版 第1章:21世紀のマーケティングの定義

ビジネススクールが夏休みなのでこの夏休み中に、 基本をしっかり押さえようと思って選んだのがこの本。 何せ分厚い。900ページ超! なので、気楽に持ち歩けない。家で、毎日コツコツ読むしかないので、 夏休み中に片付くようにしたい。コトラー&ケラーのマ…

マーケティング・データ解析って要するに実務上どんなことやるの? 木島正明・中川慶一朗・生田目崇/マーケティング・データ解析-Excel/Accessによる-

マーケティング・サイエンスとか、マーケティング・データ解析って、 具体的には何をすることで、どんなことが出来るのか? なんちゃら分析ってどういう時に使うの?という理論と実務の架け橋になる本。 それをあくまでもExcelとAccessを前提にして、紹介し…

丁寧に解説された統計の教科書 柴山宮恵子/やさしい統計学

統計ブームが来ているので、 基本的な考え方くらいは抑えておきたい、と言う人へおすすめ。とはいえ、統計学の初歩を覚えても、 共分散構造分析だとか、MDSだとかコレスポンデンス分析だとか、 そういったものがわかる訳じゃない。最近思うのは、データサイ…

匿名経済から顕名経済へ。社会のあらゆる所で、大きな変化が起きている! 國領二郎/ソーシャルな資本主義 つながりの経営戦略

匿名経済から顕名経済への変化、 人のつながりが生み出す新たな価値、 それを支えるオープン・アーキテクチャ、など 著者が考える「ソーシャルな資本主義」にまつわる 関心領域がわかりやすくまとめられた好著。雑誌に寄稿された記事などを読む機会がたまに…

デジタルマーケティングの最新の文脈の上で、技術を理解することが大切だと暗に示してくれる良書! 横山隆治・菅原健一・楳田良輝/DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門 ビッグデータ時代に実現する「枠」から「人」への広告革命

DSP=Demand Side Platform RTB=Real Time Bit 何のこっちゃと思う人もいるかと思いますが、 最近流行りのWeb広告配信に関する技術。サイトにアクセスしてきた人のブラウザのクッキー情報を広告配信サーバーに渡し、 この人にいくらで広告を出すかを入札によ…

行動観察のポイントは暗黙知を顕在化させて形式知へ変換していくことなんだと思う。 松波晴人/ビジネスマンのための「行動観察」入門

人の行動には意識していない潜在的なニーズが隠されている。 それらはアンケート調査やグループインタビューとかでは見えないもので、 ビジネスにおいてもとても大切、というお話。ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)作者: 松波晴人出版…

一口にファストファッションと言っても、各社の戦略はかなり違って面白い! 斉藤孝浩/人気店はバーゲンセールに頼らない

H&M、ユニクロ、ZARA、しまむら、といった ファストファッション企業を題材に各々の戦略の違いや工夫を解説した本。一般的なアパレルの指標と比較して、 どう違うのかといった視点で語られているところが非常に勉強になった。ファストファッションと括られる…

10年前の本だけど、世の中はやっと追いついてきた感じ 原田保/カスタマーマイニング

ビジネススクールの教授が参考書や教科書に 指定する本には良書が多いのではないか。 しかも、それらは書店のビジネス書コーナーで平積みされている本ではない。 つまり、普通に書店にっても出会えない。 そんな気がした。だから興味の向くままに片っ端から…

データ分析をアクションに繋げる具体的なイメージがつかめる良書! ディミトリ・マークス/データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

副題に「ビッグデータからビジネスチャンスをつかむ」って書いてあるので、 はいはいまた流行のビッグデータ万歳本ねってちょっと思ったのだけど、 この本の原題は「Sexy Little Numbers - How to grow your business using the data you already have」なん…

あなたの意思決定はあなた自身によるものですか? ロバート・B・チャルディーニ /影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか

『ファスト&スロー』や『スタンフォードの自分を変える教室』に続き、 またまた人の心理に迫る本を読んでみた。今あげた2冊よりもずいぶん古く、原初の初版は1988年、日本語訳は91年に刊行されている。 その後、読者からのレポートコーナーなどを加筆した第…

メディア関係者必読って言うから読んでみたら本当に必読だった件。田端信太郎/MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体

前から声の大きい人だなぁ、くらいに思ってたのだけど、 こうやってまとまった形でしっかり読んでみると至極真っ当な人なのですね。メディアを取り巻く今の環境がよくわかるし、 メディア関係者が読めば、なぜ自社の取組みが いまいちイケテナイ感じなのかが…

雑誌は売れないだけじゃなく、儲からない。歪んだマルチサイドプラットフォーム

出版市場のシュリンクが止まらない。 年明け早々話題となったこのニュース、見ていてなんだか残念な気持ちになってしまった。表示できません - 雑誌 - Yahoo!ニュースこの流れはまだまだ止まらない、 というかますます加速するのではないか、と思う訳です。…

軽いTipsとか集めた便利帳 山田案稜/すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング111の技

SEO、リスティング、ウェブ分析、色々ありますが、 1つ1つにしっかり向き合うその前に、薄く広ーい知識、テクニックをさらうならこれ。 111個のテーマを1テーマ2ページくらいでさらっと解説。 情報のレベルはいろんなブログに載ってるレベルで決して高く…

今こそアナログなダイレクトマーケのノウハウを学ぶべき。有田昇/効果がすごい「パワーDM」の作り方

この本は、古い。 とっても、古いのでもちろん今の実態にそぐわない部分も多々ある。 なんせリスト屋さんがいる時代だからな。 名簿が簡単に買えた時代は本当にやりやすかっただろうなと思ってしまう。 ただ、時代は変わったとはいえ、名簿そのものは買えな…

リスティング無しじゃ成り立たない時代だから。佐藤康夫, 杉原剛ほか/リスティング広告 プロの思考回路

リスティング運用時の考え方、そのプロセスを丁寧に説明している本。 そもそも自社運用はしていないんだけど、代理店と一緒に頑張っていくためにも 最低限の知識はないといかん。自分達にもできないか、っていう意識も持っていたいし。 一般論として通常代理…

マーケティングには法則がある!アル・ライズ ジャック・トラウト/売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

マーケティングに法則があるか、という問題に 正面からYESと言い切っている本。売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則作者: アルライズ,ジャックトラウト,Al Ries,Jack Trout,新井喜美夫出版社/メーカー: 東急エージェンシー出版部発売日: 1…