読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

仕事だけの人生だと薄っぺらいな、ってのは確か。 吉越浩一郎/君はまだ残業しているのか

トリンプから残業をなくし、業績も19期連続増収増益に導いた吉越さんの本が文庫化。
たくさん働けば業績が伸びるのは当たり前。
いかに効率良く働いて業績も伸ばすか、が管理職の腕の見せ所だ、と。

実践してきた人だから上っ面だけじゃないのが好感を持てるし説得力がある。
彼にできて自分たちにできないとすれば自分たちの覚悟が足りないかやり方が悪いのだろう。

とにかく自分の組織にももっと時間的ゆとりを与えて、個々人の成長の機会を与えたい。
(仕事だけでなく、それ以外の部分も含めて)
まぁ、そんな思いとは別の所で、できる奴は与えなくても
勝手に成長していくもんだったりもする訳だが・・・。

君はまだ残業しているのか (PHP文庫)

君はまだ残業しているのか (PHP文庫)

そもそも残業=悪だと認識すること

日本の企業は残業=がんばっている、良いこと、という風潮がありすぎる。
まぁ、たしかにそうだ。
この根本的な認識違いを正さなくてはいけないのだけど、
これが本当に難しいことだと言うのは想像に難くない。


個人的にもなるべく残業やめようと思った。

100時間オーバーの残業が当たり前だったけど、
なるべくそういうのは止めようと思った。
実際、早起きして、さっさと会社行って、
早めに切り上げて大学院行って、
夜中まで勉強して、という生活を始めたら、
こっちの方が今はたくさん学ぶことが多い。
仕事から学べることは多く、非常に価値があるが、
仕事だけしていては人の成長曲線は逓減していくわけなので、
時間の使い方を考えなければいけない。


TTP、GNN

TTP=徹底的にパクる
良いものはとにかくパクる。

GNN=義理、人情、浪花節
これがネガティブに働くことが多すぎる。
ロジカルに考え、人間関係の潤滑油程度にこれらを用いるのが最適。

君はまだ残業しているのか (PHP文庫)

君はまだ残業しているのか (PHP文庫)