学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

西洋の哲学、思想史を概観できる良書。子供向けの本だと思ったら大間違いだった! ヨースタイン・ゴルデル/ソフィーの世界

ビジネススクールの教授がお勧め本に上げていて、
そういえば昔話題になったけど読んでなかったなぁ、と思い気分転換に手にとって見たものの・・・
ちょっと舐めてました。
想像以上に濃密で、西洋の哲学、思想史を概観する物語は超濃密。
気分転換どころか、結構ちゃんと読まないとついてけない。

確かにこの本を15歳くらいのときに読んだら面白いかもしれない。
きっと興味関心がいろいろなところに広がるきっかけになるのかもしれない。
自分の頭で思考するきっかけにもなるかも。

というわけで、子供がそんな年になったらプレゼントしたいな。

新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 下―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 下―哲学者からの不思議な手紙


生と死

わたしは生きている、と考えれば考えるほど、この命はいつか終わる、という考えもすぐに浮かんでくる。その反対でも同じだった。わたしはある日すっかり消えてしまう、と強く実感して初めて、命はかぎりなく尊い、という思いもこみあげてくる。まるで一枚のコインの裏と表だ。ソフィーはそのコインを頭のなかでいつまでもひっくり返していた。コインの片面がくっきりと見えれば見えるほど、もう片面もくっきりと見えてくる。生と死は一つのことがらの両面なのだった。
人は、いつかはかならず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない、とソフィーは考えた。そして、生のすばらしさを知らなければ、死ななければならないということをじっくりと考えることもできない、と。
上巻 P.14

たぶんこの実感は、頭でわかっても実感することは難しく、
身近な人の突然の死、とかを体験すると、嫌というほど思い知らされる。


ソクラテスファシリテーター

ソクラテスの活動の核心は、彼が人を教えみちびこうとしなかった、というところにある。
かわりにソクラテスは、自分が相手から学びたいのだ、というそぶりをして見せた。
ソクラテスは学校の先生のような授業もしなかった。
そうではなくて、会話をリードしたんだ。
上巻 P.91

教授がファシリテーターになるケースの授業とか思い出した。
でも私が尊敬する教授は、ファシリテーターとしての腕だけでなく、
今なお人から学ぼうとする圧倒的な知的好奇心があって、すごい。そこが本当にすごい。
学び続ける姿勢*時間って気がつくとひっくり返せないくらい大きな差になっている。


因果の話は理性に基づいていない!

ヒュームによれば、何かが何かの結果起こるというのは予断なんだ。そして予断とは、対象そのものには関係ない、ぼくたちの心の出来事なんだ。その証拠に、予断をもたない赤ん坊は、球が別の球にぶつかって二つともじっと動かなくなっても、びっくりして目を丸くすることもないじゃないか。
いっぽうでぼくたちは自然法則とか、原因と結果とか言うけれど、それは予断、つまり人間の習慣にもとづいて話しているので、理性にもとづく話ではないんだ。自然法則は、理性が推論すれば明らかにできるって代物じゃない。黒い球がぶつかったら白い球が動き出すってことは、ぼくたちに生まれつきそなわっている理性から出てくるものじゃないのさ。
上巻 P.350

このヒュームの話も面食らった。
因果関係の想定とは予断!
原因と結果を論じることの難しさをしみじみ感じる。


ロマン主義

カントに元気づけられて、芸術家たちは認識能力を自由にはばたかせた。作家のフリードリヒ・シラーはカントの思想を拡大解釈した。シラーは、芸術家のすることは遊びのようなものだ、人は遊んでいる時だけ自由だ、なぜならその時には自分でルールを作っているのだから、と書いている。
ロマン主義者は、芸術だけがぼくたちを『ことばにならないもの』に近づけてくれる、と考えた。もっと過激な人たちは、芸術家は神のようなものだどすら考えた」「芸術家は、神が世界を創造したように、自分自身の現実をつくり出すから?」「そう、芸術家には世界を創造する想像力がある、と言われたんだ。
芸術家は陶酔のうちに、夢と現実の境が消えてしまうという体験をする。
作家のノヴァーリスロマン主義の若き天才の一人だけど、『世界は夢になり、夢は世界になる』と言っている。
下巻 P.88

ロマン主義って名称ダサいけど、言ってることは好き。

新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 下―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 下―哲学者からの不思議な手紙