読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

ベンチャー投資は正規分布じゃないんだよ! ピーター・ティール/ゼロ・トゥ・ワン

PayPalマフィアってのは、PayPal創設時のメンバーで、
その後独立した起業家たちのこと。
で、著者のピーター・ティールはそういったPayPalマフィアのドンと言われている。

で、そこらへんの話はよくできたまとめサイトがあったので、
その辺を見ていただければ。

http://matome.naver.jp/odai/2141657643656532801

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

気になったところちらほら

突き詰めて考えれば、未来とは、まだ訪れていないすべての瞬間だ。
でも、未来がなぜ特別で大切なのかといえば、それが「まだ訪れていない」からではなく、その時に「世界が今と違う姿になっている」からだ。
だから、もしこれから100年間社会が変わらなければ、未来は100年以上先にならないとやってこないことになる。
もし次の10年でものごとが急激に変わるなら、未来は手の届くところにあるということだ。
未来を正確に予測できる人などいないけれど、次の二つのことだけは確かだ。
未来は今と違う、だけど未来は今の世界がもとになっている。
P.23

未来ってのは世界が変わることっていう定義に納得。
そしてなんか、アラン・ケイの言葉とか思い出しちゃうよね。
未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことだ、ってやつ。

そもそもの間違いは、ベンチャー投資のリターンに正規分布を期待することにある。
悪い会社は潰れ、そこそこの会社はトントンになり、優良企業は二倍から四倍のリターンをもたらす、と考えることが間違いだ。
それらしいパターンを前提に、投資家はポートフォリオを分散し、勝ち組が負け組を補うことを願っている。
でも、この「下手な鉄砲も数打ちや当たる」作戦では、たいていひとつも当たらずに、ポートフォリオはゴミの山になってしまう。
ベンチャーのリターンは正規分布ではないからだ。
むしろベンチャーに当てはまるのは「べき乗則」だ。一握りのスタートアップがその他すべてを大幅に上回るリターンを叩き出す。
だから、分散ばかりを気にかけて、圧倒的な価値を生み出す一握りの企業を必死に追いかけなければ、その稀少な機会をはじめから逃すことになる。
P.122

そしてこれもその通り。
当たればでかい。そのでかさは桁違い。
でも正規分布じゃないから、普通の投資みたいなポートフォリオの組み方はまったくなじまない。
たぶんこれはコンテンツビジネスとかも同じ。
正規分布じゃないんだよね、その前提がわかってない人とは話がかみ合わない。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか