学びや思いつきを記録する、超要約・要点抜き書きまとめノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

eスポーツと言うと格闘ゲームのイメージが先行していたんだけど、そんなことまったくないのね。 但木一真/eスポーツ入門

プロゲーマーと言うと梅原大吾のイメージが強くて、
それもあってeスポーツと言うと格闘ゲームのイメージが先行していたんだけど、
そんなことまったくないのね。

それくらいよくわかっていない人のための入門書。

1億3000万人のためのeスポーツ入門

1億3000万人のためのeスポーツ入門

eスポーツのwebメディアもこれを読んで初めて興味を持った。

shibuya-game.com

まぁでもやっぱり自分がプレイしていないとこれ以上深くは突っ込めないよなぁ。

あと本書で知ったプロチームのラッシュ。

www.youtube.com

プレイ動画を公開してたり、頑張ってる模様。
市場はどんどん拡大してきているようで、日本でも有望なマーケットなんだろうな。

本書にはゲーマーが語る章もあるんだけど、
そこで語られていたいくばくかの感傷を伴う回想は、
瞬く間に飲み込まれていく気がしないでも無い。

これが金になる、と踏んだら資本の波が押し寄せてきて、
それまでのコミュニティ感覚とはまったく違うものが出来上がっていくんだろうから。

どちらかと言うとチームをスポンサードしたりする方に興味あるな。

1億3000万人のためのeスポーツ入門

1億3000万人のためのeスポーツ入門