読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

あらゆる業態がCRMの導入へ向かう、その加速器の1つがスマートフォンとモバイルインターネット。 辻村清行/モバイルパワーの衝撃 スマートフォン時代の事業モデル革命

筆者はNTTドコモの副社長を務めた人物。
モバイルインターネットが引き起こしている変化と可能性をまとめた本。

非常にわかりやすくまとまった初学者向けの本という印象。
ネット系の業界で働いている人には物足りないかもしれないが、
変化の本質をもう一度整理する、という意味では有意義かも。

モバイルパワーの衝撃

モバイルパワーの衝撃



モバイルの5つの特性と5つのパワー

本書の肝はこれ。

5つの特性

1.本人性
2.常時性
3.位置の特定性
4.ネットワーク性
5.リアルへの拡張性
P.43

5つのモバイルパワー

1.個客の見える化
2.個客ニーズの顕在化
3.商品・サービスのマイクロ化
4.商品・サービス提供の適時化
5.商品・サービス提供チャネルのポータブル化
P.48

本書はモバイルインターネットがもたらした本質的な変化を、
上述した5つの特性とパワーという形で整理している。
後は事例を紹介しながら補足している構成。

CRMというのは当たり前のことのように見えてなかなか導入が困難な業態が多かった中で、
モバイルインターネットは、低コストでone to oneマーケティングを実現するツールになり得る。
マックのかざすクーポンはその典型例。
客単価が数百円程度の外食産業でCRMの導入は現実的ではないとされてきたが、
見事にその壁を破った。
印刷や配布の手間を極小化することで、マーケティングの意思決定が
スピーディになり、PDCAサイクルがすばやく回るようになった事例。
たしかにマックのかざすクーポンは素晴らしい仕組みだと思う。

こういう仕組みが、ASPとして、他の業態にも広がっていくと面白いのだけど、
現状あの仕組みに投資できるのはそれなりに大きな企業だけだよなぁ、とも思う。


アフリカのM-PESA

アフリカではM-PESAというサービスを使って、
携帯電話で送金しているらしい。
日本みたいにATMが整備されていない国ではこれがインフラになりつつある。


テスコ&ダンハンビー

CRMデータマイニング系の話でとにかく出てくるのがテスコの成功事例。
で、そのデータマイニングを一手に引き受けてるのがダンハンビー社。
ローリングボールという手法を用いて顧客の嗜好をスコア化し、
それぞれの個客にカスタマイズしたアプローチをとる。
ここのノウハウはもっと勉強したい。


ドコモワンタイム保険

保険のマイクロ化。例えば、ゴルフ保険。
ゴルフ場についたその場で申し込みできて、電話料金と一緒に請求。
保険会社にとっても少額の代金回収はやってられないので、モバイル決済が便利。
これは潜在ニーズに刺さりそうなサービス。


POSからCRM

結局CRMの時代なんだよなぁ、と思う。
コンビニもいよいよCRMの世界へ。
それまではPOSレジでデータ取って管理してたけど、
それはあくまでも全体的な商品管理の話。
個客の購買履歴を管理し、アプローチするなんてCRM的なことはできてなかった。
そういう意味では、ダイレクト・マーケティングの経験者は
これから重宝される時代が来るかもしれない。

モバイルパワーの衝撃

モバイルパワーの衝撃