学びや思いつきを記録する、超要約ノート

国内MBA2013年入学、2015年無事卒業!読んだ本、記事、などの読書ノート。 忘れないために超要約整理。そんな記録。

全消費の64%は女性!というわけで女性の消費性向を知ろう、という本。多少今更感あり。マイケル・シルバースタイン ケイト・セイヤー/ウーマン・エコノミー 世界の消費は女性が支配する

ボストン コンサルティング グループによる、世界40カ国12000人に及ぶ調査と、
インタビューを元にした女性の消費をテーマにした本。

全消費の64%は女性が占めており、
女性の消費をいかに取り込むかが重要になってる、というお話。

と言っても出たのは4年前なので、今読むと多少今更感があるかもしれない。

ウーマン・エコノミー―世界の消費は女性が支配する

ウーマン・エコノミー―世界の消費は女性が支配する



女性の価値計算ロジック

技術、性能,感情面でのメリットを考慮し、
元々知っている商品と比較し、
使い勝手や満足度と言った情報や意見を広く集め、
購入した場合、自分の状況や他者との関係にどんな影響が及ぶかよく考える。

この他者との関係に、ってあたりが女性っぽい。
人の目を気にする度合いが男性よりも強い気がする。
くだらないと言えばそれまでなのだけど。

ちなみにこの価値計算ロジック上プラスのものは飛ぶように売れるし、
マイナスのものは、何しても売れない。


金融サービスと医療

もっとも不満を感じるカテゴリーとして紹介されていたけど、
確かにこの2つは基本的なサービスレベルが低い業界な気がする。

金融サービスの接客は馬鹿にされている気がする、というのはなんか納得。
良くわからんからちゃんと教えて欲しいのに、
結局相手にされていない感じってのが金融サービスにはつきまとう。
小口なんかどうでもいいんだよね。
まぁ、そう言うビジネスだから仕方ないのかもしれないが。


食とダイエット

食の安全とか健康的な食事、とかへのこだわりが非常に強い。
あと、ダイエット。世の中の女性は太り過ぎと感じているらしい。
調査対象の68%がそう感じているらしい。
そう思ってるんなら痩せればいいじゃない、としか思わないのだけど、
結局ぐだぐだ成果を出さずに不満だけ溜めている人が多い印象。
だからこの手の商売は儲かるんだけど・・・

ウーマン・エコノミー―世界の消費は女性が支配する

ウーマン・エコノミー―世界の消費は女性が支配する